2015年03月23日

(アーカイブ)2014年11月  エイジノミクス - 都道府県別順位

 高齢化をチャンスととらえ、活力ある高齢社会の実現に向けて頑張っている度合を、都道府県別に順位付けしてみた。評価の項目は、1人当たり県民所得、人口当たり出生率、高齢化率、高齢者就業率、健康長寿度合などである。結果、上位の県は以下の通りとなった。

1位 愛知県
2位 静岡県
3位 福井県
4位 長野県
5位 山梨県
6位 石川県
7位 広島県
8位 山口県
9位 栃木県
10位 富山県


 この順位付け、現時点では極めて大雑把なものであるが、今後より納得性の高いものに改良していきたいと思っている。

背景説明

 多くの人は高齢化に対して、「暗い」あるいは「衰退」といったイメージを持っているようだが、それは先入観である。実際イノベーションは変化の過程で起きる。エイジングすなわち人口構造の変化、これはイノベーションの機会である。日本をはじめ世界的に高齢化が進む中、経済の持続可能な発展に向けた道筋を改めて探るべきではないか。まさにそれこそがエイジノミクスである。

 先端医療技術の進歩など技術的ブレークスルーはイノベーションを生み出す。しかし技術だけではない。例えば高齢化は、分厚く多様でアクティブな高齢層が新たに生まれる変化である。新たなライフスタイルやワークスタイル、あるいはエンディングスタイルが登場する。また高齢社会対応のインフラや地域支援制度等新たな社会システムへの移行、共助文化の醸成、あるいは多世代共創による新たな相乗効果の創造など、すべてがイノベーションを生み出す機会となる。まさにエイジングはイノベーションの宝庫である。

 いよいよ本格的な超高齢社会を迎える日本。これからの日本は、かつての1回きりの人生「単作時代」から、平均寿命90歳を超える人生「二毛作時代」へと向かう。そしてイノベーションの機会も2倍に増える。来るべき未来で待っているのは暗く衰退する社会ではない。イノベーションに満ち溢れた、明るく活力ある社会である。そんな超高齢社会を実現することを、高齢化で先頭を走る日本が世界に向けて宣言しよう。

2014年11月5日 日本シンクタンクアカデミー 理事長 岡本憲之
posted by 毎月コラム at 11:23| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください